☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクを包む月の光。

20050621025336.jpg

     「ボクを包む月の光」 
        ~ぼく地球 次世代編~ 第1巻
             原 作 : 日渡 早紀  

タイトルをよく見ると 「ぼく地球 次世代編」 の文字が・・・・。
本屋で見つけて思わず買っちゃいました。
少し前から輪くんとありすの息子編をやってるのは知っていたのですが、「1巻」とのことなのでまあ、取りあえず買いという事で。

つーかね、蓮は輪くんがいくつの時の子よ?とかね思ったよ?
でもね、それより何よりもね未来路くん。・・・・嫁はだれよ!?
カチコのおかんはどこの馬の骨よ?(笑)
そこんところいつか描いてよね、先生。

ままね、まじめに言うと私はこのシリーズ?アリかなと思いました。
本家本元「ぼく地球」が良かっただけにイヤだ-って声が聞こえてきそうですがね。

輪くんがありす達の所にも度ってきて良い感じに完結はしましたが、月に眠る月基地メンバー、特に木蓮と紫苑はその後どうゆうふうに輪くん達に影響を及ぼすのかは少なからず気になるところでした。
なのでアレはアレで完結して、主人公を「蓮」と言う輪くんとありすの子供にし、新しい物語を展開する方法は正解だったと思います。

第3話目「嘘つき輪」は特別よかった。
その後の、紫苑の思い。輪くんの思い。が読めて良かった。

そしてやっぱり、ありすと春ちゃんは苦手なままでしたワタシ(汗)
でももう少しその後の紫苑と木蓮が見たいので2巻も買っちゃおうかな。

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/119-f18ec150


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。