☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舞妓Haaaan!!!」

前後してしまいましたが「舞妓Haaaan!!!」です。
少女とガソリンを観に行った日にこれも観に行った訳ですが、さっきちょっと触れたのでほんの少しだけ書きます。
まぁこれはあれです(笑)
クドカンで阿部サダな訳ですから面白くないないわけはないですね。個人差はあるでしょうが。やっぱり私はクドカン作品好きです。うん。そしてクドカン脚本の良さを再認識させられました。
前半は相変わらずのハインションハイスピードで無茶苦茶な展開ですが後半はがっちり泣かされました。
柴崎も良かったのですが小出早織がなんともせつなくて良かった!
複雑な生い立ちにせつない恋心。
ただのハイテンションギャグだけでなくきっちりシメるとこはシメる。
あまつさえ涙までさそうんだからやっぱりクドカンは巧い。
この絶妙な緩急はセンス良くないと出来ないですよね。下手したらぐだぐだな薄い作品にしかねないよ。
実は以外と宮藤官九郎て人は些細なせつなさを書くが抜群に巧い作家だよね。
劇的ではなく些細な。
無茶苦茶な展開のなかの些細なせつない出来事。
この二つが揃ってるからそうなのか。

水田監督作品を観るのは前作の花田少年史に続き二作目ですがまたあれとは違ったテイストで良かったです。
花田少年史はなまじ原作もアニメもが傑作なだけに実写化はどうかと思ってたけどCGさえ諦めてみれば(笑)やっぱりかなり泣かされましたしね。

C

omment

昔はね、
 クドカン嫌いだったんです。ギャグは滑ってるし、何か琴線に触れるかといえば、そういった事も無い。
 でも、どうもそれは脚本のせいでなくて、彼の脚本を、演出が理解してなかったのではないか、と思うようになりました。それはやはり舞台を見てからですね。役者の間合いがキチンとなっていれば、俄然輝きを増す台本だと思います。
 それはともかく、関係無いんでこっそり言いますけど、実は映像化された三○幸喜の作品も、(「十二人の…」を除いて)あまり好きじゃないんです。この人も舞台の脚本家じゃないかなあ。新作作るって話だけど、「止めとけ!」って言いたいです。

けろ・よん太 URL | 2007/07/25 00:16 [ 編集 ]


私個人的には舞台は本場だからやっぱりいいんだけど、クドカン作品はドラマ、松尾スズキ作品は映画が好きデスね。
大人計画の人のは。
三谷幸喜は舞台のほかだと、ちょっと前に深夜枠でやってた「HR」てきなのがいいですね。映画とかより。

確かにみんな多彩でそれなりのを造ってくれるんですがやっぱり向いてるとかあってる方法とかってのはありますよね。

あくまで個人的な感想ですが・・・(笑)

スギ URL | 2007/07/28 12:53 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/237-106298df


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。