☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビューティークイーン・オブ・リナーン。

ビューティークイーン・オブ・リナーン」(シアタードラマシティー 2008/1/6)
 作   : マーティン・マクドナー
 訳   : 目黒 条
演 出 : 長塚圭史
出 演 : 大竹しのぶ 白石加代子 田中哲司 長塚圭史

アイルランドの片田舎、リーナーンに住む母娘。
病気を患ってはいるが口の達者な母マッグ(白石加代子)。その母親の世話をするのが、こちらも口の達者な四十路の行き遅れの娘モーリーン(大竹しのぶ)。
ある日、街に出稼ぎに行っていた幼馴染パト(田中哲司)が久しぶりに帰ってくるとその弟レイ(長塚圭史)が知らせにやってくる。
再会したふたりは恋に落ちるのだが、母マグはあの手この手で二人の邪魔をする。
そのことから次第に、悪いながらもギリギリのところで保たれていた二人の関係が、最も最悪な方向に動き出す。

母マグは娘モーリーンを物のようにこき使い(自分が病気なのをいいことに)、モーリーンの恋路まで邪魔するんですが、そこはモーリーンも負けてはおらず、日々の口論が日課のようになっていて、モーリーンによるマグへの虐待まがいな行為まで出てくる始末。
田舎で大分閉鎖的な環境と、自由に動き回ることはできないが口だけは異様に回るマグの世話に追われ、自分の幸せすら追いかけられない40過ぎのモーリーンの姿がとても生々しくてかなりドキドキさせられました。
昔の話ではあるけれども、これって現代でも十分ありえる話なんだろうな。
そんな環境で日々の鬱憤は、マグへの暴言や行き過ぎた行為で多少は発散されてはいるんだろうけども、積もり積もったものはいつかどこかで爆発してしまうのは仕様が無いのかな。
それがどんな恐ろしい結果なったとしても。
家族というもののしがらみに、がんじがらめにされて引くに引けなくなってしまったとも見える二人の関係が、まったくの「他人事」としてはみれなくて、怖くもあり同情も共感も反発も哀れみも、人間として誰でも持っているあらゆる感情が自分の中に沸いてきました。
そうなろうとは思わないにしても、どこかで間違えて自分を見失ってしまい、この親子のようにならないとも言えないような気さえしてしまうほどのリアルさに、長塚ってやっぱり凄いなーとしみじみ思いました。
目が離せない内容で、新年1発目の観劇としては満足でした。
新年早々ちょっと重い気もせんではないですが、そこは、モーリーンとマグの会話で笑いも誘ったりして話を暗くさせすぎないようにしていて正直救われたと思う。
そして何より、白石加代子と大竹しのぶのガチンコのバトルは壮絶で見応えありました。

C

omment

あ、話題作だ。
 評判いいですね、これ。ウチの妹も行きたいといってました。でもスギさん、本当に色々と観てますね。凄いや…。今年も体調に気配りしつつ、ガンガン行っちゃってください。
 ここからちょっと横道。他人様のブログで申し訳ないですが。
 実写版ヤッターマンのメインキャラが決まりましたね。その手があったか…という感じで、私の予想は大はずれ。
 →生瀬つながりでもう一つ。私が学生だった時の事で、もう20年近く前の事です。当時深夜に読売テレビで、「現代用語の基礎体力」なる、へんてこなバラエティーが放映されました。其処に出ていたのが生瀬勝久・古田新太・升毅・羽野晶紀…そう、「そとばこまち」や、「新感線」のまさに黎明期、まだ一般人が知らない彼らが出ていたのです。
 そんな伝説の番組が今度DVDで発売に。できれば頭の隅にでもメモっといて、機会があれば見てください。やる気のなさがユルユルでお勧めです。
 個人的には先行放送された「週間テレビ広辞苑」もDVDにして欲しいところです。出ないかなあ。

けろ・よん太 URL | 2008/01/19 00:46 [ 編集 ]


はい、話題作、新年一発目に観劇してまいりました。
よかったですよー。
お芝居の舞台って、ガッツリした内容でストーリーが面白いと思うのと、演出とか効果とか派手さとかで面白いと思う舞台があると思うんですけど、今回のは間違いなく前者でした。
今年の目標に、「観たらすぐに書く!」とかって宣言したにも拘らず、いきなりつまずいてるこの状況に我ながら呆れてものも言えませぬ・・・。どうか見捨てないでやってくださいまし(涙)
そうそう、ヤッターマン。深キョンがきましたねー。うーむ全く見えません・・・・。
生瀬にケンコバというのもビックリしましたが、もうここまで来たらむしろ絶対に観たいわ!!ってとこですかね(苦笑)どうせなら。
生瀬つながりで、興味深い情報をありがとうございます。
20年前といったらワタクシ小学生じゃないですか!ってそこじゃなくて(汗)、これは気になるメンバーですねー。そーれーは観てみたいぞ!しかもDVDが出るんですね。
最近バラエティー関係のDVDとかもレンタル屋さんにたくさん並んでるのでそこへ是非並べていただきたい。
それでは私からも1つお勧めを。
もうご覧になっているかもですが、最近の深夜番組では、「ホレゆけ!スタア☆大作戦」なるものがお勧めです。
生瀬に古田新太に藤木直人の番組なんですが、生瀬と古田の芸能事務所に悩みを抱えた芸能人が相談に来るトークバラエティーです。
このゲストの芸能人の人たちというのが、なかなかおいしい面子なのでかなりお勧めです。こちらもDVDBOXとか出ております。密かに中古とかで狙ってます(笑)

スギ URL | 2008/01/25 23:02 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/280-856f5d3c


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。