☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンク侍、斬られて候。

パンク侍、斬られて候2009/2/7 サンケイホールブリーゼ
 原   作  :  町田 康
脚本 ・ 演出  :  山内 圭哉
 出   演  :  山内 圭哉  小島 聖  中山 祐一朗  
            加藤  啓   林 克治  福田 転球  高木 稟  腹筋 善之介
            宇梶 剛士  大谷 亮介

原作本は読まずに、なんの情報も入れずに観劇してきました。
内容は、と言うかなんかもう「町田康」でした。相変わらずよくわからん・・・^^;
もうずいぶん昔に、町田康の本は理解しようとするのは諦めているので、何も考えずにただ単にその場のテンションとお笑い部分を楽しもうと挑み、全うしてきました。

あー笑った笑った^^。転球さん、あんたサイコーだよ!大好きだ!
個性的すぎる役者のオンパレードに腹かかえて笑わされ、贅沢な時間にこれだから観劇はやめられないと実感。

そしてなにより、久々の中山祐一朗を堪能してきました。なんであんなにかわいいのよあの人は。
あんなにキュートな38歳は他で知りませんよ。猿回しの歌とかもうヤバイぞ本とに^^;
この人はどんな役をやっても少しずつ中山テイストを乗せてくる。それも絶妙の匙加減で。
好き嫌いの分かれそうな、この人だけの色をもっておられますが、一度はまるともう最後。抜け出せません。
我が家では姉もいつの間にかそのトリコになっておりました^^;(相変わらずのシンクロ具合です)

実は今回初めて大谷亮介を生で見ました。ずっと見たかったんですこの人の舞台。
例え、腹振り党の教祖でも、狂人でも、岐阜で入れられた顔の刺青がミル姉さんにしか見えなくてもなんでも、あの声に完璧やられてしまいました。
ああ、なんてかっこいいのだ・・・・!

今回のこの舞台、映像が一部で多用されていましたが、その使い方が今まで見た演出上の映像使用の中で一番抵抗なく見れて良かったです。
つか、そこ一番笑えたしね。
原作を知らないからあれなんですが、山内圭哉の脚本演出のおかげで、町田作品を楽しく見れました。
なんとも意味不明でとっても楽しい2時間40分で満足です。

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/454-930701fa


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。