☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムサシ

ムサシ 2009/5/5 シアタードラマシティ
作    : 井上ひさし
演 出 : 蜷川幸雄
出 演 : 藤原竜也  小栗旬  鈴木杏
       辻 萬長  吉田鋼太郎  白石加代子 ・・・etc

井上ひさし新作書き下ろし、蜷川幸雄、藤原竜也に小栗旬。
これだけでも一見の価値があろうというもの。しかも杏ちゃんに辻さんに吉田さんに白石さん!お見事です。本当にどうもありがとーう!な豪華な舞台。去年の発表時から絶対行くと決めて頑張ってチケット対策もしました。無事に確保できた自分を褒めてあげたい気持ちでいっぱいです^^。

ストーリーはあの宮本武蔵があるのですが今回の井上さんの本はあの、「巌流島」から6年後生きながらえた小次郎と武蔵がある禅寺で再会し再び決闘を!な流れです。
全体のストーリーは「生」についてです。「生きる」と言うことへのメッセージが込められたお話なのですがどうにも笑えて笑えて^^;境目があやふやなままに感じたのですが流石に地はしっかりしているし演者もツワモノ揃いなのでとても満足できる一本でした。

今回の目玉はそう、「藤原VS小栗」なのでしょう。しかしながらやっぱり個人的には杏ちゃんが一番でした。昨年観劇した長塚圭史の「sister」での吉田さんと演じた怪しい親子関係があってからなのか、随分と声色に艶が出てきた気がします。だいぶん「大人」になってきた感じがしました。
やっぱり杏ちゃんというと、活発な女の子、どちらかと言うと少年っぽさのが強かったので、留学を経て「sister」を経てより一層引き出しの幅が広がった気がして今回観ていてとてもワクワクしてきました。
白石さんの怖いほどの見事な狂言についていく杏ちゃんがとても頼もしいです。

藤原竜也はちょっと声が気になったような。なんかの雑誌のインタビューで今回の舞台の稽古の話で、蜷川に「今までのことは無かったことにしてくれ」と全然違う演出を受けたみたいなことを仰っていました。そういうのドンドンお願い。この人は蜷川舞台も勿論よいけどもっと色々なところへ出てきて欲しいってのも事実あります。現代劇とかどんどん見たいです。(この人に関しては好きだからこその要望が強くなりすぎるのでここでは割愛します。)

小栗は本当に真面目な人なんだろうなと今回も感じました。ストイックで真面目。この人の舞台観ると人気がある訳がよく分かりますね。また、藤原と同じ歳ってのも大きいでしょう。
テレビ雑誌で松潤と対談していたのを読みましたが、松潤が「うらやましい」とよく言ってくれると小栗が言っていました。同年代の役者として松潤の気持ちは本当に正直な気持ちだったんじゃないかなと思います。そう言われ理解してくれる小栗もそれを素直に言える松潤も頼もしいしステキな関係じゃないか。
ちょっと脱線しちゃいましたかな?このあたりの役者の話は尽きません。二宮が言ってた話とか面白いエピがあったのでまた気が向いたときにでも別でエントリしてみます。

とにかく面白かったです。5人6脚する場面があるんですがあのシーンはほんとに抱腹絶倒間違いなし。みんな楽しそうだった。あんな藤原がもっと見たい。吉田さんが面白すぎ。ペシペシ叩きすぎ!なんかもう箇条書き。^^;
そうそう、この日は同建物内のメインホールでは「蜻蛉峠」が上演中。同じ場所に藤原・鈴木・勝地・小栗・木村と何かと接点のある若手俳優が集まってると思うとなんて豪華な大阪の地なのだ!と一人テンションが上がりGWの楽しみの総仕上げをした思いです^^。

次は「奇跡の人」と井上ひさし新作で井上芳雄出演の「組曲虐殺」が気になるな~。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

C

omment

よかったですね!
前回の新感線でテンション下がってたので気になってました。

でも以前にチェックしていたので、行くんだろうなとは思っていたんですよ。
内容盛りだくさんの感想に興味津々。
白石さんに伍していく杏ちゃんも、もう大女優に近づいてますね。
以前書いてましたけど、ヘレンとサリバン、どちらもやったなんて、すごいことですよ。

嵐のメンバーとの関わりも、素敵な話が多いです。
ニノとも何度か競演してたよね。たしか。

けろ・よん太 URL | 2009/05/07 00:05 [ 編集 ]

満足です!
最近観劇した蜷川作品は概ねヒットしております。
頑張って取った甲斐がありましたよ~。
それにしても杏ちゃんの成長ぶりには毎回感動すら覚えます。頑張ってるんだな。
ヘレンケラーとサリバン。両方なんて本当に凄いよ。因みに今回の「奇跡の人」は作品史上もっとも若いコンビらしいですよ。ぜひ観にいきたいです。

嵐のメンバーとのエピソードもいろいろ興味深い面白いものがあります。
私たちが知っているのはほんの一部であって知らないばっかりに憶測やイメージだけで色々言われてしまうのは職業柄しょうがないのかもしれませんが、きちんと頑張っている人っていうのは何かしら繋がるんですよね。とってもステキです。

スギ URL | 2009/05/07 21:12 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/513-984c9598


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。