☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大奥。

「大奥」観てきました。
二宮の映像のお仕事ラッシュの一発目に「大奥」の映画。
原作は未読でキャラクターのイメージなど先入観ないまま観に行ったので、ポンポン進んで行ったけど余計な設定とかを知らないから、1つの作品として時間内で終着点に辿り着いたきちんとまとまった作品になっていたと思います。
予告の「2人が出会う時、歴史が動き出す~」この文句の意味を探りながら観ていたんだけど、最後できちんと落ちをつけて終わったのでスッキリ観ることができたかな。
ストーリー自体は個人的な趣味の問題なのでこういうお話なんだなと可もなく不可もなく。
あとはキャストたちが豪華でそしてみんな良かった。

ちょっと残念なのは、玉木と佐々木の例のシーン。
もっとガッツリあると思ってたから肩透かし(何を期待してんだ!)。や、だってねぇ^^;
柴咲は流石の目力で迫力あったし、それで充分あの喋りはカバーしてたと思うし何より美しい!!
めちゃめちゃかっこよかったです。

あとちょっと気になったのが、若い子達が水野を影から見つめてキャーキャー「女の子」みたいに言うのはあれ正解なの?
重たいテーマのなかちょっと息抜き的な場面としてありだとは思うんだけどどうも「女の子」的過ぎる反応て違和感でした。
ああいうもんなのかね?

最後の吉宗の改革はそりゃ無茶苦茶強引な!!と思わず突っ込みそうになったけど、全く持って理にはかなってるんだよね。
ただ、なかなかそう出来ないから大変なんであって、実行したから改革けど。

そして一番の目的はもちろん二宮和也。
第一の感想が、この人やっぱり声がたまらない。表情も勿論だけど今回は一番「声」に目がいきました。
問題の猫背は気にならなかったけどやっぱりこの人ちょっと華奢だよね。
身長も数字的にはあれくらいの俳優さんだっていっぱいいるんだけど、童顔も相まってこじんまりとしてしまう。
それでも普段はそれほど気にならないくらいのお芝居を魅せてくれるんだけど、今回は周りがデカすぎた^^;
そこがちょっと残念ではあったんだけど、けっこうきわどいシーン(ここ期待してた)も大満足です。
お芝居の醍醐味いろんな人との絡み。今回は阿部サダヲとの芝居のやり取りが一番良かったです。
雑誌でも言ってた「心が曇る」のシーンは本当に二宮と阿部の渾身の演技が見ものでした。
インタ読んでても阿部サダと相性良さそうなのかな。
今後もなんかで共演してくれると嬉しいな。

細田君は…どうやって水野に絡んでくるのかと思ってたら、あそこでしたか…。
うーん、こちらもいつかガッツリ期待しています^^;

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/892-3f30d349


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。