☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンゴ。

タンゴ-TANGO-」 2010.11.28(シアタードラマシティ)

 作  S.ムロジェック
翻 訳 米川和夫 工藤幸雄
演 出 長塚圭史
出 演 森山未來 奥村佳恵 吉田鋼太郎 秋山菜津子 
     片桐はいり 辻萬長 橋本さとし


忙しさに感けてほったらかしに…。
「長塚圭史×森山未來」、この組み合わせ堪能してきました。

なんかやっぱり長塚演出ちょっと難しいよね。
何気に留学から戻っての演出舞台かかさず観てるけどやっぱり面倒くさい(not悪い意味)。
今回に至っては、始まって客席からゆっくり舞台に現れ、その後も演者に小道具を渡したりだと喋らない長塚の存在をどう捕らえるべきか悩むところ。
「客観視」、「想像」、あちこちでこのキーワードを耳にし、それなりにこちらも心構えして挑むけど毎回苦戦しています^^;
本自体が哲学的な内容でこういうものは意味を良く噛み砕いて楽しみたいタイプなので一度見ただけではちょっと追っ付けないところもしばしばありましたが、パンフレットでの長塚の「これは喜劇です」との言葉に楽になれた気がします。
ざっくりと観てみると演者たちも芸達者な方達がそろっているのでテンポも良く笑えるところもきちんと押さえていて、親子の噛み合わなさ、受け流し方、対人とのやり取りの滑稽さなどユーモアが利いててとてもおもしろいものでした。(なんかもう吉田さんが好きすぎます^^;)
求めた先の権力による支配にと、最後はシビアな終わり方でしたが…。

それにしても森山さんがやっぱり今回も凄かったです。
途中休憩はさんでの3時間越えで最初から最後まで喋りっぱなし。しかもセリフは哲学入ってるから難しい言い回しが多くて多くて…。
森山さんってちょっと聞きづらい時とかが今まででにもチョイチョイあったんだけど今回それが殆どなかった。
きちんと「アルトゥル」が喋ってたからだよね。だから聞こえるだけでなくきちんと言葉が届いたんだと思うんだけど。
この変化ってゼッタイ前回の「変身」が利いてる気がします。
今回も森山未來は更新されていく。
全身を使って表現する彼のその変化を見るのも楽しみになってる今日この頃。
(そろそろ蜷川舞台来そうかねぇ?)
そんな私は今の森山未來で「血の婚礼」を観たくてたまらない。再演ないかなぁ。
そして長塚圭史はオリジナルで「はたらくおとこ」みたいなお話もまた観たいなぁ。

何はともあれ、とっても観ごたえのあるイイ舞台でした。

今回、カーテンコールがなかったのは残念でした。
でもさ、あの時間なら仕方ないか…(涙)
日曜日で終演時間が9時過ぎってどういうことよ!!
おねぇなんて家着いたの夜中の3時だったみたいだし。なんだかみんなみんなおつかれ様でした^^;

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/915-2267814d


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。