☆今日も元気に、無節操グダグダ日記☆

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いたろお

  • Author:いたろお
  • 気分よくいきたいね。
    ただのミーハーですが
    とりあえず、興味の向くままに。
    消えてる間に消しゴムはんこにはまりました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
いまいる人:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHIBICCO☆GANG HP ↓
 ・・在籍中・・ 
20050202234307.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計仕掛けのオレンジ。

時計仕掛けのオレンジ」 2011.2.13 (梅田芸術劇場メインホール)
原作・脚本  アンソニー・バージェス 
演  出    河原雅彦 
音楽監督   内橋和久
出  演    小栗旬 橋本さとし 吉田鋼太郎 キムラ緑子
         石川禅 高良健吾 山内圭哉 武田真治 ほか
 
 
言わずと知れたあれです。キューブリックの映画の舞台版。
今回パンクオペラ、河原、小栗、高良に惹かれてチケットとってみました。
うーん、むずかしや。

むかーしに映画は見たことあったのですがもうすっかり記憶の彼方。というかたぶん当時もさっぱり分かっていなかったとは思うんですが、今回やっとタイトルの意味がわかりました。(遅い^^;)
ただ話自体はあまり好みじゃないということは今も昔も変わってないようです。
ちょっとごちゃごちゃしすぎて何回か見たほうが良さそうな舞台だったかな。

ただ、このタイミングで小栗が歌った!高良くんが初舞台!っていう二人の心意気がいいですね。
キャストは言うことなしの豪華メンツなのでお芝居の安定感は抜群でしたし。
ただごちゃごちゃ。河原さんってどんなんだったけかなー?と思いながら見させてもらった感じです。

そう、あとは山内が出てくるとどうしても笑ってしまう…というかなんか無性にテンションが上がる私^^;
この人も安心する一人ですね。
隣に座ってた中学生くらいの女の子が武田真治ファンだったようで、双眼鏡で常にガン見。
休憩中には連れのお友達に、真治が~真治が~!と大興奮でしたが、武田真治はやっぱり流石でした。
武田真治は「夜叉ケ池」以来7年ぶりの邂逅。や、でも真治すげー!でした確かに。

C

omment


初めまして!時計仕掛けのオレンジで調べていたらこの記事を発見しました。

私も梅田の方で観劇しました。
3階席までありましたが、何階席でしたか^^?
素晴らしい舞台でしたよね!

みあ URL | 2011/03/02 20:07 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
みあさん、はじめまして。
こんな辺境の地へお越しいただきありがとうございます^^

そうですか、みあさんも梅田で観劇されたのですね。
私は急遽行くことになってけっこうギリギリにチケをとったので三階の後のほーうでした。
さすがにちょっと遠かったです^^;
でも役者さんたちが楽しそうなのが伝わってきていい舞台でしたね。
小栗君にはどんどんいろんなことに挑戦してほしいと思っています^^

スギ→みあさん URL | 2011/03/03 23:45 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kyn03.blog4.fc2.com/tb.php/940-fb82de3e


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。